平成27年 7月 1日

1.労働者派遣法に基づくマージン率の公開

平成24年10月1日の労働者派遣法改正により、派遣元事業主は毎事業年度終了後、マージン率を公開することが義務付けられました。マージン率とは、派遣先から受け取る派遣料金に占める派遣料金と派遣労働者に支払う賃金の差額の割合です。
このマージン率は、以下の計算式で算出されます。

 

ma

 

本社 川越営業所
派遣労働者の数 83人 28人
派遣先数 16社 9社
マージン率 23.25% 25.34%
労働者派遣料金の平均額 11,700円 11,200円
派遣労働者の賃金の平均額 8,304円 8,341円

 

グラフ

スタッフさん給与(交通費込) 73.83%
社会保険料 9.14%
有給休暇利用 2.49%
販売管理費 13.33%
営業利益 1.21%

一番多くを占めるのがスタッフさんの給与で料金総額の約73.8%です。
次いで、スタッフさんの雇用主として負担する労働保険・雇用保険・厚生年金保険・健康保険などの社会保険料が約9.1%となります。また、スタッフさんが有給休暇を取得する際は、就業先に休暇期間についての料金請求はできませんが、会社としては、スタッフさんの雇用元として賃金の支払いが生じるため、その費用が含まれます。

その他、当社営業担当などの人件費、オフィス賃貸料、募集費等をはじめとする諸経費がかかることから、これらすべてを差し引いた残り約1.2%が会社の営業利益となります。

2.教育訓練に関する事項

教育訓練の種類 内容 派遣労働者の

費用負担の有無

派遣労働者への訓練 安全衛生教育 無し
就業上のルール

マナー教育

コミュニケーションスキル